*

高岡早紀が行った熊本天草のやっこ寿司。蛇の目寿司とどっちが美味い?

公開日: : , , ,

スポンサーリンク

2015年1月29日放送の「櫻井有吉アブナイ夜会」ゲストの高岡早紀さんが熊本は天草でプライベートを満喫。

知る人ぞ知る穴場の寿司屋「奴寿司」や、日本百景の夕日などのおすすめスポット、そして熊本~天草への3つの行き方をご紹介します。

高岡早紀さんが行ったお寿司屋さんは「奴寿司」

熊本の天草五橋を渡った先にある天草市。熊本県の南南西に位置し、藍色の海東シナ海に沈む美しい夕陽が自慢の島です。海の物も山の物もとっても美味しく美食家の間では知る人ぞ知る地域なんです。

hbtre

日本百景にも選ばれた天草市下田の夕日

さて、「櫻井有吉アブナイ夜会」で高岡早紀さんが行ったお寿司屋さんは「奴寿司」というお寿司屋さんなのですが、実はそのお店、全国のお寿司屋さんで3本の指に入る程”美味い”寿司屋。

日本を代表する脚本家の倉本聰さんやジャーナリストの筑紫哲也さんなどもお忍びで訪れる有名店なのです。最近では、佐藤健さんとウェンツ瑛士さんが番組ロケで訪れ、天草ムラサキウニの甘さに目を丸くしたそう。

hrea

xf

こちらが奴寿司↓

ht

gre

▲大将の後ろにサイン色紙が見えます。

どんなネタも美味しく頂けますが、ウニとクエを外しては天草奴寿司へ訪れた意味がありません。対象おすすめ「おまかせにぎり」セットの中にも入っていますし、一貫ずつ頼んでもそう高くありませんので是非食べてみて下さい。

スポンサーリンク

天草奴寿司の場所と行き方

frg

▲天草奴寿司周辺地図

【奴寿司】

【住所】
熊本県天草市東町76-1

【電話番号】
0969-23-4055

【営業時間】
12:00〜14:00(L.S)
18:00〜21:00(L.S)
ランチもおすすめ!

【定休日】
基本的に月曜日がお休み。(月曜が祝日の場合は営業。翌火曜日が休みになります)

*H27年1月の情報です。最新情報や詳細はお電話でお尋ねください。

 

天草を満喫するなら車がかかせません。こちらの奴寿司の他、下田にある日本百景の夕日や上天草周辺のイルカウォッチングなどは天草空港や各港から結構離れています。飛行機や船を利用する方はレンタカーを考えておいた方が無難です。

天草の奴寿司と蛇の目寿司、どっちがおすすめ?

天草の寿司屋では二強の「奴寿司」と「蛇の目寿司」。ここ数年テレビに登場しているのは奴寿司ですが、この蛇の目寿司も忘れてはならない有名店。

個人的には奴寿司の職人も修行したと言われているこの「蛇の目寿司」がおすすめ。シャリが小ぶりで女性のファンも多く、店内も品があってお洒落です。

▼蛇の目寿司の外観

jtr

奴寿司と蛇の目寿司。今ではどちらも有名になりましたが、10年以上前は熊本県内のファンがほとんどだったと思います。しかし、そんなローカル店だった時でさえ予約なしでは入れないほど人気でした。

テレビで話題にされた今となっては、恐らく前日予約では間に合いません。旅の準備を始めるのと同時に予約しておいた方が良いでしょう。

khkg

 

▲蛇の目寿司周辺。奴寿司とそう離れていません。

【蛇の目寿し】 (じゃのめずし)

【住所】
熊本県天草市大浜町6-3

【電話番号】
0969-23-2238

【営業時間】
11:00〜14:00
17:00〜22:00

【定休日】

水曜日

*4000円おまかせにぎり内容・・・お寿司12貫、一品料理、味噌汁、デザート

カウンターに座ると「おまかせでよろしいですか」と若干ぶっきらぼうに言われます。職人気質であって決して機嫌が悪いわけではありません。単品注文もできますが、初めての方は天草の美味しい魚を堪能できる”おまかせ”がおすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

千葉・神奈川の海水浴/クラゲ・サメ危険生物は大丈夫?

大原海水浴場・和田浦海水浴場・守谷海水浴場・湘南ひらつかビーチパーク・和田海水浴場など、関東

記事を読む

日本のマチュピチュ穴場!竹田城は立雲峡展望台から見る!車とJR電車の駅名・行き方・時間・入場料まとめ

CMや特番で話題の日本のマチュピチュ「竹田城跡」。 テレビでよく見る”天空の城”っぽい映像は、

記事を読む

女性の足が震える転ぶ遺跡イギリス・コーンウォールの不思議なストーンヘンジ

世界の何だコレ!?ミステリーSPで紹介されたイギリスにある女性の足が震える不思議な遺跡Boscawe

記事を読む

子供の川遊びに潜む危険「海」より「川」の水難事故が多いのは何故? 

夏のレジャーと言えば海水浴や川遊び。 しかし、残念なことに毎年必ず水難事故の悲しいニュースが流

記事を読む

子供の川遊びは危険!最低限必要な持ち物を準備して水難事故を防ごう

夏は子供を自然と触れ合わせる絶好の季節。大人も子供も有意義に過ごせるよう、お母さん方は何日も前から準

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑