*

落雷で生徒が亡くなった場合の学校責任について。過去には3億の支払い命令も

公開日: : 社会, 美ママ

スポンサーリンク

8月6日13時頃、愛知県扶桑町斎藤「私立誠信高校」のグラウンドで起こった落雷事故。

自然災害であったとしても、一人の親としていたたまれない事故です。

こんな時考えるのは、単なる自然災害で片付けてしまっていいのか?学校側や、野球部の監督など周囲の大人達に責任は?ということ。

こちらでは、過去の落雷事故のケースを紹介しながら今回の落雷事故を考察していきます。

 

落雷を防ぐ事は出来なかったのか

この度亡くなられたのは、練習試合でピッチャーとしてマウンドに立っていた私立誠信高校2年生の安藤翔輝さん。

広いマウンドの中心に一人フォームを取る安藤君の姿が浮かびます。

その場にいた誰もが試合の行方や勝敗を気にしているなか、まさかこの後ピッチャーにめがけての雷が落ちる等とは想像もできなかったに違いありません。

 

愛知県警犬山署と学校側の説明によると、「試合中、雨が降り始めた時は一時中断した。しかし、5分ほどして晴れ間が見えはじめたので再開。落雷はその直後で、光とともに衝撃音がして、マウンドにいた安藤さんが倒れていた」との事。

マウンドの高さは40センチ前後。名古屋地方気象台ではこの日の早朝から、愛知県全域に雷注意報を出していました。

雷が鳴っている時は出来る限り”地面に平行に伏せる”という雷回避法も聞かれるなか、試合はなぜ続行されたのでしょうか。

 

安藤君のご両親が試合観戦に来ていたかどうかは不明ですが、どちらにしてもマウンドに雷が落ちるかもしれないと予想した人は少なかったはずです。

また、情報によるとグラウンドの周囲には、12本もの避雷針が設置されているとのこと。朝から雷警報を耳にした人でも、その避雷針を見ればそう騒ぎ立てる人も現れないでしょう。

  • 学校施設のグラウンドには避雷針が設置されていた。
  • 監督は一時中断の配慮を見せている。

試合時には雷が聞こえていなかった事も含め、上記の2点があれば、学校側は裁判でも大きな責任を追及される可能性は低いと思われます。

 

学校での落雷事故は過去に何度か起こっていますが、その中でも被害者側が学校側に勝訴し、3億円もの賠償金を得た判例があります。

スポンサーリンク

 

学校・管理監督者の責任となる落雷事故とは

 

1994年8月10日、高知県高知市 私立土佐高校の生徒である北村光寿くん(高1)が、大阪府高槻市で開催されたサッカー大会の試合中に落雷を受け、両眼と下半身などに重い障がいを負いました。

 

1999年3月、光寿くんと両親、兄が、「学校法人 土佐高等学校」とサッカー大会を主催し会場を提供した「高槻市」「財団法人高槻市体育協会」、大会を主催した実行委員会の「実行委員長」の4者を相手どり、治療費など含む計約2億9600万円の損害賠償を求めて提訴します。

 

2003年6月 高知地方裁判所で、原告の訴えを棄却。

2004年10月 高松高裁で、原告の控訴棄却。

2006年3月 最高裁が、高裁に審議を差し戻し命令。

2008年9月 高松高裁で、原告勝訴。私立土佐高校とサッカー大会を開いた高槻市体育協会に約3億円の支払い命令

 

事故から裁判が終結するまで、およそ14年です。

 

当時の状況を詳しく知る事は出来ませんが、長い年月が経っても信念を持ち続けて諦めない限りは、学校側の責任を訴え認めさせることができるのかもしれません。

しかし、長い月日と共に、相当な弁護士費用も覚悟しなければならないでしょう。

 

この度の愛知県扶桑町斎藤「私立誠信高校」の野球試合で起こった落雷事故。

一時中断した試合を再開をしたことについて、同校野球部の加藤方郁部長(51)は次のように語っています。

「周囲で雷の音はしていなかった。雨がやんだから自然に始めましょう、という感じだった。注意報が出ていたのは知らなかった」

注意報を聞いていれば中断したかどうかの有無を聞いてみたいものですが、今後、亡くなったピッチャーの安藤翔輝君のご家族が、学校側・管理監督者に対してどのような責任追及をされるのかが気になるところです。

自分の子供がなぜ奪われなくてはならなかったのか?防ぐ事は出来なかったのか?この問いかけは一生付きまとう事になるのではないでしょうか。

同じ親として残されたご遺族の悲しみや苦しみが痛いほど伝わります。

学校側・管理監督者の方々には、責任回避の言葉だけを繰り返すのではなく、翔輝君と残されたご遺族の方々と真摯に向き合って頂きたいと願います。

 

最後になりますが、翔輝君のご冥福を心からお祈りいたします。

天国でも大好きな野球を続けてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

朝比奈彩wikiやプロフィール過激水着画像まとめ。年齢・本名・熱愛彼氏について!モデルがかわいい!

木下優樹菜や菜々緒などを輩出した三愛水着イメージガールコンテスト。2015年、第14代イメージガール

記事を読む

no image

ゼロメン夫の改良育成治療法。ゼロメン旦那をイクメンにさせる方法とは?

長年、経済大国ラインキングの上位に君臨している日本ですが、男女平等度のランキングでは何と世界105位

記事を読む

広島の女性アナウンサー?リポーター?土砂崩れ取材でスッキリ加藤を山本と間違える

広島土砂崩れ取材の放送事故!!!!!!! 現地で取材をする女性リポーターがスッキリのスタジオに

記事を読む

【画像】タイ代理母代理出産に関わった日本人男性って誰?24歳資産家の画像

度々報道されているタイの代理出産問題。父親の日本人と見られる男は、家宅捜査が行われる前に乳児を連れて

記事を読む

【速報】ASKA被告が週明けに保釈。保釈金っていくらだよ!奥さんお金持ってたの?

お薬の所持で逮捕されたCHAGE and ASKAのASKA(56)が、週明けにも釈放される見込みで

記事を読む

理研・小保方さんへの遺書・手紙の内要が判明。調査委員会の締め付けか

8月5日午前、理化学研究所発生/再生科学総合研究センターに隣接する、先端医療センター研究棟で首をつっ

記事を読む

重田光時の学歴と家族まとめ「代理出産」の理由は子供を量産して選挙に勝ちたかった・・・

タイの代理出産問題。その渦中にありながら未だ姿を現さない「重田光時」氏(24)。 父親の重田康

記事を読む

”不倫殺人”女優-毛利郁子の映画や濡れ場画像まとめ。息子と今何処で何しているのか?

今から46年ほど前、1人の美人女優が不倫相手を殺害した。石原裕次郎も認めたその演技力とは? 不倫殺

記事を読む

亮くんと父母、祖父の涙。担任は今どこに?電車に飛び込む当日、最後に残した優しい思い

岩手中2のいじめ自殺事件。電車に飛び込んだ当日の亮くんとお祖父さんの姿が痛々しくてやりきれない。

記事を読む

2014~2015年冬は黒と白以外のチュールスカートを大人のコーディネートで演出!!40代50代の着こなし術

2014年冬の大人可愛いチュールスカートを徹底調査!!40代でもいける大人っぽい着こなしはブーツが決

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑